設計スタッフの徒然話

ちょっと寄り道 ~ecoな駅~

こんばんは。CS課の佐々木です。

昨日、とある勉強会の為に外出した序でに、最近開通した東京メトロ副都心線の新・渋谷駅を見てきました。

世界的建築家、安藤忠雄さんのデザインで、コンセプトは「地中船」とのこと。

あまりTVのニュースで映像なども見ていなかったので、想像を膨らませて見に行ってきました!!

mokei.jpg

↑これが模型です。宇宙船のようで、地面の下だから地中船 (・∀・)「なるほど」

地上1階・地下5階建て

↓ホームはB5にあり、B3からB5のホームまで約20mの吹き抜け

080710-014.jpg

(ささっと撮影したので、綺麗な写真ではなくてスミマセン(-_-;) )

esukaura.jpg

このアーチの裏がエスカレーターです↓

asuka.jpg

tichuu.jpg

何だか、どこか遠い世界に行けそうです(笑)

それと!! 何といっても興味があったのが・・・

「これらのデザインが駅の気温上昇を抑えている」という事です。

zu.jpg

駅構内にもこのように、この新・渋谷駅がどのように熱気を逃がしているか説明がありました。

簡単にその内容をご紹介します♪

◎ 3層にわたる楕円の吹き抜けと、地中船の形状により自然換気しやすくなっている。

◎ 列車からでた熱気は吹き抜けを通り、東急文化会館跡地にある空掘状の地下空間から排熱

◎ 同時に外の空気を取り込み、駅構内の気温が上昇するのを抑制

言葉で聞いてもピンときませんが、実際体感して涼しかった事から効果はあると実感しました。

↓これが巨大な自然換気口です

kannkikou.jpg

しかも壁面は緑化してあります↓

080710-007.jpg

新しい駅で場所によっては、まだまだ塗装などのにおいがきつかったのですが・・・

こんなecoな駅は東京では初めてではないかと思い、とても興味深い場所でした。

2012年には東横線も繋がり、駅の上にはビルが完成する予定だそう。

そのビルも随所にecoアイディアを取り入れるようです♪

公共の施設も住宅もecoは重要課題ですね。

ご興味があったら駅としての利用だけでなく、

是非eco目線で駅見学に行ってみてはいかがでしょうか?

ページトップへ