資金計画についてのご相談

まずどのくらいのお金が家づくりに掛けられるのか把握しましょう。

資金計画についてのご相談01

1:自己資金、2:住宅ローン、3:両親などからの資金援助があるのか。3つを合計したお金が家づくりの予算になります。そこから建物価格、諸経費、他の費用を引いた残りが土地探しの予算になります。
建物にかかる費用を先に把握しておくことで予算オーバーになることが防げ、思い描いた家づくりに近付きます。
住宅ローンで重要なことは「いくら借りられるか」ではなく「いくらなら返せるか」を考えることが大切になります。今払っている家賃などから毎月の返せる金額を考えましょう。

資金計画を立てる時には今後のライフプランも一緒に考えましょう

資金計画についてのご相談02

今後の人生設計の中で次のようなことが起こる方もいるでしょう。そういった出来事があっても、無理のない住宅ローンの返済を計画できるようにしましょう。

  • これから子供が生まれる
  • 教育費が今よりもかかる時期がある
  • 子育てや親の介護で仕事を辞める可能性がある
  • フルタイムから時短勤務に変わる予定だ
  • いずれ転職・独立をする予定だ
  • 住宅ローンの返済中に、退職予定だ
  • その他、収支に影響があるライフイベントがある

資FP(ファイナンシャルプランナー)によるライフプラン作成サービス金計画を立てる時には今後のライフプランも一緒に考えましょう

資金計画についてのご相談03

ご希望のお客様にはFPによるライフプランの作成も行っております。
日々、生活をしていくには様々なお金が必要になります。その中でも住宅資金・教育資金・老後資金が三大資金を言われ、見通しを立てて計画を行う事がとても大切になります。
家づくりを行う際に日々の収支の見直しなどを含めた、中長期的な視点でライフプランの計画が行なえ、家づくりへの不安を解消することができます。

税理士による税務相談サービス

資金計画についてのご相談04

相続税対策から賃貸住宅運用の経費相談、住宅ローン減税の申請、税金の解釈など身近な税金に関するあらゆる相談が可能です。

ページトップへ