ちょっと・・ひとり言

世田谷区・大田区で賃貸物件のフルリフォーム施工事例 2例 アイコーホーム

木造アパートとマンションの空き室フルリフォーム 施工事例2件のご紹介です。

 

アイコーホームは戸建て注文住宅の新築工事がメインですが、近年は既存住宅をリフォームやリノベーションする方が
増える傾向で、そんなご依頼をいただくことが増えてきました。

都内においても、戸建て住宅を含めアパートにおいても空家の件数が増える一方で、フルリフォームやリノベーションをして
購入する方が同様に増えており、古家やマンション価格も上昇傾向ですが、新築物件より購入し易い価格帯であることが
魅力のようです。

今回は、木造賃貸アパートと鉄筋コンクリートマンションの空き室について、
フルリフォーム工事が完了したのでご紹介いたします。

 

木造賃貸アパートの空き室 フルリフォーム(世田谷区)

世田谷区にある木造アパートは、新築後30年以上が経過していましたが、
入居者の方が丁寧に使っておられたので、全体的に傷や損傷で傷んでいる部分は少ない状況です。

 

ですが30年以上が経過していることで、キッチンやユニットバスなどの水回り設備には
変色を含めた経年劣化が見られ、設備の取替を含むフルリフォームを計画しました。

リフォームインテリア1

 

間取りに関しては変更の余地も少なく概ねそのままとなりましたが、
ベランダに配置されていた洗濯機置場を、キッチンユニットの幅を調整して、室内に移動しました。

今回の賃貸アパートは床下がない特殊な基礎工事だった為、工事にあたっては給排水の配管取り回しを
床上で行う必要があり、床上配管用の防水パンを採用しながらキッチン下で工夫してあります。
洗濯機を置く位置が少し高くなってしまいますが、排水ドレンなどの汚れも点検し易いです。

 

また、和室から変更した洋室は、たっぷりとした収納を用意しながら、
ホワイト基調のノースチィスナット柄フローリングと、ウォールナット調の建具に合わせ、
窓枠や一部の既存建具も同色に塗装したので、
デザイン的にもスッキリしたオシャレな雰囲気にすることができました。

 

その他、トイレやユニットバスなども取替を行い、
フルリフォーム完成後の見た目は、ほぼ新築のように見違えりました。

 

その後、入居者もすぐに決まったようで一安心です。
こちらは既存状態のアパート内部です。

 

 
 
 

鉄筋コンクリートマンションの空き室 フルリフォーム(大田区)

大田区にある3階建て鉄筋コンクリートマンションの最上階にある空き室のフルリフォーム工事です。
新築後30年以上が経過していますが、タイル貼りの外観は古さが気にならず、
内装に関しても痛みや損傷はないものの、水回り設備で変色などの経年劣化も見られ、
やはりフルリフォームの必要性を感じる印象です。

 

フルリフォームをおこなった空き室は、ワンルームに3点式ユニットバスとミニキッチンユニットが
コンパクトに配置され、たいへん効率的な間取りです。
間取り変更の余地は少ない広さですが、オーナー様の希望でトイレを分けて新設したいとのご要望があり、
リフォーム工事にあたって、既存の収納部分を利用しつつ、
シャワーユニットに変更するなどの工夫により、何とかトイレが新設できました。

 

また、IHクッキングヒーターや冷蔵庫が組み込まれたミニキッチンをやめて、
デザイン性の高い手作り感のある造作キッチンを設置しました。
ブルーグレーのアクセントクロスがひときわ目を引きます。

 

既存キッチン組込の冷蔵庫は容量がたいへん少なく、近年のご時世ではやはり使いづらさもある為、
洗濯機と並べてもっと大きな冷蔵庫が置けるようにしてあります。
その置き場にはやはり造作カウンターを取付け、物置としても使えるようになっています。

これら造作カウンターにより、少し手作り感の楽しめるオシャレな室内空間となりました。

 

その他、床は明るめのフローリング調シートへ貼替し、
しっくいホワイトの内装建具やグレー調のクロス貼りで明るい室内空間がフルリフォーム工事で完成しました。

こちらは既存状態のアパート内部です。

 

以上、2例のフルリフォーム工事のご紹介でした。
通常の新築工事とは異なり、既存部分との兼ね合いなど工夫が必要な部分は種々ありますが、
国が推し進めている既存住宅の活用という面からも検討に値する方法ではないかと思います。

 

今後は、断熱リフォームや耐震リフォームなど性能を高めるためのフルリフォームも活性化していくと思われます。
基本的な耐震性能や省エネ性能も高めつつ、夫々の住宅を長く住み繋いでいくことができると良いですね。

 

会社名:株式会社アイコーホーム
住 所:〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-6-3
電 話:03-3334-0334

ページトップへ