スタッフブログ

ミラノサローネ

先週、サンワカンパニーさん主催の「ミラノサローネ報告会」へ行ってきました。

申し込みによる抽選でしたが、ありがたいことに当選させて頂きました。

ミラノサローネ全体の報告会から、新作商品の紹介をして頂きました。

キッチンや洗面のブランド、家具のブランド、日本企業の展示会の様子を分かりやすく説明して下さり、じっと聞きいってしまいました。

ところで、ミラノサローネって?名前は良く耳にしますが、ご存知ですか?

毎年4月 イタリアのミラノ市郊外で行われる世界最大規模の国際家具見本市です。

6日間の日程で開催され、ミラノサローネ開催に合わせて自主的にミラノの街のあちこちで「フォーリサローネ」と呼ばれる展示会の開催を含め「ミラノデザインウィーク」と呼ばれています。100万人もの人が集まり、街が展示会まつりという状態だそうです。(にわか知識でかなり、ざっくりしてます。)世界的なデザインの祭典!!

報告会の話に戻ると、キッチン、洗面台、洗面ボウルなどデザインの流れがよりシンプルになって、エッジが効いているデザイン傾向。

ホワイト×木×黒 という流れにグレー、ゴールドや石目調がプラスされている。水栓もブラックが多く出てきており、それに加え、渋いゴールドも見られました。家具の方では、各ブランドの個性が出されていました。

色彩でいえば、ビビッドなカラーも勿論ありましたが、スモ―キーがかった色のバリエーション、ベージュ―×グレーシュ、ブルーグリーン、ペールトーンなど癒し、大人カラーが多く「シック!!」だなと感じました。

報告会主催のサンワカンパニーさんの商品は年々デザイン性が高く、シンプルでエッジが効いてる中にあたたかみを感じました。

ドイツのデザイン賞を受賞したレッタンゴロは、

先日、お引渡しのあったお施主様のお家でも選ばれています。

報告会後、ショールームを拝見させて頂き、気になった商品を

(カタログより)

こちらの商品も受賞されています。洗面の縁がとても薄くシャープです。

シンプルですが、目を引きます。また、タイルもこの辺のグレーシュな色見は、今のインテリアの流れに合わせやすいですね。

 

やっぱり、現地に行って圧倒的なデザイン祭りをこの目でみたい!!と強く思って帰ってきました。

いつか、写真をバシバシと上げて皆様へご報告が出来るようにしたいです!!

 

 

ページトップへ