ちょっと・・ひとり言

中庭のある家でワクワク

 

こんにちは。いよいよ師走を迎え気ぜわしくなってきました。

年内にお引き渡しして新年を新築住宅でお迎えになるご家族や、年明けよりいよいよ工事が始まるご家族など様々ですが、

順調に工事が進み皆様のご期待に添えるよう、私共スタッフ一同取り組んでいるところです。

ところで話しは変わりますが、コートハウスと呼ばれるような中庭のある住宅ってなにか楽しそう♪って思いませんか?

リビングから繋がる中庭で人目を気にせず、例えば家族でバーベキューを楽しんだり、

プライベートスペースとして趣味や憩いの場にするなど活用方法は様々です。

杉並区でも同様ですが、隣家との距離が近く、プライバシーを気にしながら生活することの多い東京などの都市部では、

陽当りや風通しと同じように設計時の工夫として中庭は大変有効な選択肢かと思います。

ありがちなケースとしては、大きめの敷地が分割販売され間口が狭く奥行の長い住宅となり間口方向しか採光が取れない場合には

光の庭として活用したり、隣家が四方から迫り窓からの視線が気になる場合などには中庭を使って窓が向き合わない様にするなど、

設計上の工夫としてたいへん有効な方法です。

上手に設計をすれば家族のプライベートを大切にした半戸外のような外部空間を創ることも可能です。

京都の町屋をご存じでしょうか?

長屋のように隣家と繋がっている住宅の中に、それほど広くはありませんが中庭が設えてあり、

落ち着いた中に植木などでデザインされた中庭が住まいの中に豊かさを演出しています。

中庭の作り方としては主に

1.ロの字型
2.コの字型
3.L型

の平面計画をしますが、住宅のどの位置に中庭を造るかや、

目隠しとなる高め壁を組み合わせるなどによってその効果も多種多様です。

暗くなりがちな住宅の中央付近に位置させることで、風抜きも改善したり、家全体を明るい印象にすることもできますし、

更に場合によっては室外の設備設置の設置スペースにも利用できます。

メリットの多い中庭空間ですが、いくつかのデメリットも考えられます。

建物の外形が複雑になりがちで、たとえば正形の広い部屋を取りにくくなったり、

廊下などの使えないスペースが増える可能性、更に外壁面積が増えるのでコストが多めにかかる場合もありますので、

依頼先の建築会社と良く打合せをして納得できる計画にすることが大切です。

私の個人的な見解ではありますが、限られた土地面積の中で住宅を設計すると

どうしても可能な限り広い面積を確保するように設計してしまいますが、

あえて一部を削って、中庭や箱庭、または広いバルコニーなど遊びや余裕のスペースを造った方が

豊かな生活を得られることもあるのではないかと感じています。

新しい住宅でこれからどのような生活をしたいか?

ワクワクするようなイメージをご家族が描けるような家づくりになったら素晴らしいのではと思います。

なんかそんなアイデアないかな~?なんてお考えの方がおられましたら、

どうぞアイコーホームにお気軽にご相談ください。

ページトップへ