ちょっと・・ひとり言

家の買い方いろいろ(リノベーション)

いよいよ夏本番という感じですね♪ 入道雲に突然の夕立・・・ぜひご注意ください。

私も比較的用心深い方なのですが、この時期は何本かコンビニで傘を買い足す?はめに・・・(^^;

気が付いてみると結構な本数が傘立てに・・・。こんな傘の買い方も結構多いみたいですね…。

買い方つながりでひとつ♪

今まで家の買い方って、新築?一戸建て?マンション?そして中古?みたいなお話しが一般的だったのかもしれませんが、

近年は国の施策もあり「リノベーション」という言葉を良く耳にするようになりました。

「何?それ・・・」とご存じない方もまだ多いのかと思いますが、

中古の住宅をベースにいわゆる改修または改良工事することを指します。

「なんだリフォームじゃない」と思われるかもしれませんが、

区分けしにくい言葉ではありますが、実際には使い分けがされているようです。

どのように違うのか?ということですが・・・

まずリフォームは現状回復という言葉もありますが、

古くなって傷んだ部分や使いにくい部分を修復する、または改良する時などに使われることが多いようです。

それに対してリノベーションは積極的な改修工事をとおして付加価値をさらに高めるというような感じです。

具体的にはリフォームですとキッチンの取替とか、壁の塗替え・貼替みたいなことが多いかと思いますが、

リノベーションだと、マンションなどの場合ほぼスケルトン状態つまり構造躯体を残し全ての部分を取り払い、

新たにプランを設計し、場合によってはまったく異なる使い方や、

異なる室内空間が出来上がるというイメージが比較的わかり易いのかなと思います。

 

実際には工事範囲や掛ける費用によっても異なりますが、

優良な住宅ストックを有効に活用する方法としてこれから注目が集まっていくのではないでしょうか?

特にマンションリノベーションの場合ですが、メリットについて少しお伝えした方が良いかもしれません。

ひとつは例えば費用の面です。

新築のマンションは現在東京エリアの場合、それなりに高止まりしていることもあり、購入の負担も比較的大きめになります。

ですが中古ですとそれなりの築年数であればエリアや利便性など条件にもよりますが新築物件よりも金額も下がります。

そこにリノベーション費用をどれくらいかけるかにもよりますが、

構造躯体や外観・共有部以外の部分については、かなり新築に近いご家族の要望を取り入れたインテリアを造ることが可能です。

さらに言えば、新築マンションはだんだんと駅から遠い場所に建てられる傾向にありますが、逆に築年数が古くなればなるほど、

駅に近い物件を選ぶことができる可能性も高くなるというのも魅力のひとつかと思います。

もちろん耐震性や断熱性など、基本的な部分も大切ですので慎重に選ぶことが大切ですが、

最近はセットローンなども出てきており、そこそこの負担で新築よりも安価で

エリアやインテリアを選んで家を買うことができるようになるかもしれません。

今後における家の買い方のひとつとして大きな可能性を持っているのかと思います。

そんな選択肢も少し念頭に置かれて検討されてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ