ちょっと・・ひとり言

安全な階段の設計について

先日、ふとある場所の階段を見ていて、何となく…危ないな~…と感じることもあり、

せっかくなので安全な階段の設計について考えてみたいと思います。

実は住宅の中で発生する事故ってかなり多いのをご存じでしょうか。

ケガややけどなど色々ですが、安全・安心な住まいにしたいのに、住宅の中での事故が多いことはたいへん残念です。

もちろん使い方やフトした油断などから起こることもあり、難しい面もありますが、

それでもちょっとした工夫や知識で防げることもたくさんあるのではないかと思います。

因みにですが、住宅の中で事故が起こりやすい場所をご存じでしょうか?

例えば、国民生活センターのHPで「くらしの危険」と検索していただくと

「高齢者の家庭内事故」というリーフレットが見やすく用意されていたりします。

キッチンでのやけどや浴室での転倒・入浴中の事故、そして階段での転倒や転落が多いなど、過去のデータからみてとれるとのことです。

今回のテーマである階段からの転落事故で亡くなられた方がどのくらいおられるか探してみると、

厚生労働省の「家庭内における主な不慮の事故の種類別にみた年齢別死亡数・構成割合(平成21年)」によれば、

年間で480名もの方がいるらしく、さらに言えば事故によりけがをされた方はこのもっと何倍にもなるということでしょう。

こんなにも多くの方が・・・と、驚きを感じると共に誰もが可能性のあることなのだと実感します。

この階段での転倒や転落事故をできるだけ防ぐ為に、安全な階段の設計は大切だと思います。

間取りを考えることに一生懸命になるばかりに、見落としがちになることもあるかもしれません。

基本的には充分な広さを確保し、できるだけ1段ごとの段差が低い、緩やかな階段にすることはもちろんですが、

部屋の大きさを全体的な面積を考えると、逆にどれだけ無駄なスペースを削ることができるか?みたいな思考にもなりがちです。

階段の利用頻度によってという面もあり、2階リビングなどにした場合には階段を利用する頻度が上がり、

その分無理のない設計にしたいものです。

安全な階段にするには、特に注意したいのは曲がり階段のところです。

 

曲がり階段のところを1段のおどり場で設計する場合には広さも申し分ないのですが、大概の場合3段曲がりになっていたりします。

この3段曲がりの場合は外側の階段幅(踏面)は比較的広いのですが、逆に内側の幅は狭く足を全部乗せるのが無理なくらいの広さです。

従ってこのような設計をする場合には外側を回って階段を使うのが正解ですが、

例えば急いでいたり、ちょっとした油断からこの内側に足を下ろしてしまい、踏み外すことも多いようです。

ですので設計の時には、30度60度、または45度45度の2段にするなどして

狭い部分の幅を確保するよう基準が設けられたりしていますが、

曲がりでの段数を少なくした分、1段の段差が高くなったり、平面的に他の部分にもっと必要になるというデメリットも出てくるため、

この3段曲がりというのは比較的多く使われていると思われます。

曲がりがなくてまっすぐな階段でしたら良いのですが、

この曲がりが1階に近い場所にあれば最悪足をくじくなどの事故で済むかもしれませんが、

2階の高い位置にあった場合には転落事故にまで発展する可能性もあります。

高い位置にあるのか低い位置で行けるのか、もしくは真ん中あたりなのか、

曲がりを設けるのであればその位置にも注意が必要です。

実際、階段では下りの時の事故が、上がる時よりも4倍多いというデータもあります。

従って、できるだけ低い位置が良いと思います。

 

このよいに設計時の工夫によって危険度が変わってきますので、後ではやり返しが効かないこともあり、

計画時には良く打合せをされた方が良いかと思います。

また、階段や段差がある場所の近くに扉を付けるなどしている場合があります。

人の意識というものはどうしても一方に偏りがちです。

ドアを開けたすぐ先に下りの段差があるような設計は控えた方が良いと思われます。

更に最近は階段手摺を付けることもたいへん多くなりました。

この階段手摺ですが、曲がり階段に対して外側に付けるか、内側に付けるかで、おのずと利用者の方が歩く場所に影響を与えます。

もし内側に手すりが付いていれば、おのずと段の幅が小さな曲がり階段の内側を歩くようになり危険度は高くなるかと思います。

このように、階段はプラン検討中の間は意識が遠くなりがちな部分ではありますが、

生活に支障をきたしたり、不便を感じるような重要な要素であることは間違いありません。

設計士の方にしっかりとご相談され、安全な階段で、事故のない安全な住まいになることを願っております。

ページトップへ