ちょっと・・ひとり言

住まい中における介護について学んできました。


先日、機会があって桜新町にあるTOTOのテクニカルセンターを訪問してきました。

 222.JPG

ここは主に個人の一戸建て住宅向けというよりも

大きな施設向けの水廻り製品について、技術的なことを含め展示されている場所です。

今回はこの施設にて

バリアフリーというか

介助という面から考える住いづくりのポイントについて、研修を受けてきました。

TOTOさんと言えば、水廻りはもちろん

介助用の部材を数多く開発しているメーカーさんですが

貴重だったのは・・・

実際に浴室やトイレなどで

介助されている動きを映像で見ながら解説してもらったことです。

それなりに介助部材は知っているものの

実際にはもっと複雑で

その方の身体能力を確認し、必要なスペースの確保や

必要な補助器具を、位置に注意しながらと取り付けるという

たいへんきめ細かな配慮が必要です。

住まいの中で介助をすることは、想像以上にご本人にも、またご家族などにも負担の掛かる現実に

今後機会の増えてくるであろう住宅のバリアフリーリフォーム工事などについて

更に突っ込んだ勉強が必要だと実感しました。

益々高齢化が進む日本の社会、もしそのような健康状態になっても

生活を楽しめるような家づくりについて考えていく、良い機会となりました。

ページトップへ