防犯のヒント

少し・・・戸建て住宅の防犯についてお話を

いよいよ10月も残りわずかです。

本日ふと見ると・・・「11月1日より年賀状の販売を開始します」というお知らせが・・・

「うわっ~!」ていう感じです・・・

そう言えば・・・来年の手帳をスタッフが買っていたのも思い出し、

とにかく本当に時の過ぎるのが早いことを痛切に感じています。

かと思えば・・・

「もう来ないだろう・・・」と思っていた台風が通過中?

やはり季節感が、何か今までと違うような気がしますね。

話しはガラッと変わりますが(~_~;)

最近、以前からの取り組みもあり、戸建て住宅の防犯について話すことがだいぶ多くなってきました。

内容はかなり多岐に渡りますが

そんな中・・・一目見ただけで・・・これは防犯的に危ないです!と

思わず言いたくなるようなお宅が結構あることに気が付きます。

一例をあげてみますと

敷地を囲む塀が高くて、又は、庭の植木や下草が生い茂り、庭の中が道路からほとんど見えない・・・

見えない死角の奥には、しっかり大きな掃き出し窓などが有り。

「これって少ししゃがんだら、道路や隣家からの視線をまったく気にせず、

泥棒もゆっくり仕事ができませんか?」と診断させていただくような

そんなお宅が見回して見ると、意外と多いことに気が付きます。

事情が様々ですので、一概には言えないのですが、

例えば視線を気にされている場合

日中でしたら、レースのカーテンを引いていただくことで

外より室内の方が暗い為に、ほとんど立ち止まって凝視しない限り、そんなに室内の様子は見えません。

できるだけ見通しの効くように、植木や植込みを刈り込んでいただけたら安心度が増します。

お話しさせていただいたお宅では、「なるほど・・・さっそく刈り込みます」と、快くご理解いただけたようです。

最近では児童公園でも、道路からの視線をさえぎらないように、

植込みを低くしたり、少なくするようなことも行われています。

緑が多い方が気持ちも良いかと思いますが、防犯対策とのバランスも忘れないようにしたいものです。

他にも色々ありますが・・・この一例のように泥棒に狙われにくい住まいを目指し

防犯意識を高めていただくことで、格段にリスクを減らすことができると思います。

私達は、日常で普通にこんなアドバイスをさせていただけるよう、さらに学んでいきたいと思います。

ページトップへ