設計スタッフの徒然話

解体されてしまった。。。

こんにちは、設計企画課の橘田です。 

会社の側に、私のお気に入りの家がありました。

ある日『土地(家は古いので価値無しと判断されたようです)』の売り出しでその家がチラシに載っていたので、

「欲しい!!!」と思ったのですが、もちろん☆彡 ¥億¥ ☆彡単位なので買える訳がありませんでした(#^.^#)

 

 

毎日朝夕とその家を眺めていると、だんだんと障子は破れボロボロに。。。

あー寂しいなーと思っていると、ある日、なんと解体されているではないですかー。ガーン(@_@;)

 

誰かに買っていただいたのでしょうが、家が無くなっていく。。。エーン(>_<)

残念ですが、私の家ではないのでどうしようもありません。

 

実家の建て直しの時に、古い家がとても名残惜しかったのを思い出しました。

これから建て替えされる皆様も寂しいかもしれませんが、

その家があって今の自分があり、次に新しい家との出会いがあると思うと、

少しだけ自分も成長したような気が私はしました。

 

 

次も素敵なお家ができることを願っています。

家長い間(多分)お疲れさまでした。さようなら。

ページトップへ