設計スタッフの徒然話

自然と遊ぼう

こんにちは、設計企画課の橘田です。 先週末に、善福寺川でのイベントへ子供と参加してきました。

 主に小中学生が対象のイベント。

川で獲れたザリガニや魚を展示したり、川の汚れ度を測るための生き物達を、パネル展示してありました。 

いつも雨の後に川が臭いなーと思っていたら、

杉並区の下水管は、東京オリンピックの為に急ピッチで一気に作られたため、

今のように雨水管と汚水管が分かれていないのが原因だ、と図解入りで詳しく書かれていました。

 要するに下水管に流れた雨水は、多すぎると川の方へ流れてくるので、一緒にトイレットペーパーなども流れてきてしまうとのこと。

 

そんな雨後の川で泳いでいる(流されている?)カモ達が不憫になります。

分別方式の下水道にするには、あまりに膨大な金額がかかるので、夢のまた夢というところでしょうか。。。

  そんなパネル達も一応子供に説明をして、お楽しみの『笹船流し』と『葉っぱでアート』コーナーです。

 自分達で笹船を作って、普段は入れない川岸まで降りていって流しました。 

子『おかーちゃんの方が早いねー。』

私『どこまで行くのかなー?海までかなー。』

子『お魚に食べられちゃうかもね。ばいばーい!』

 笹船

と、遠い海辺を思いながら笹船を見送って公園に戻ろうとすると、 

係りの方『はい、お土産です♪』と笹船を2艘手渡してくださいました。

紛れも無く、たった今海に思いをはせながら流した笹船です。 

私の顔は、ちびまる子ちゃん並に影の線が入っていたに違いありません。。。(うっうっ海はー!!!) 

そんなこんなで自然たっぷりの休日でした♪

 

葉っぱ

良く見ると顔が書いてあるのです。

ページトップへ