設計スタッフの徒然話

お医者さま

こんにちは、設計企画課の橘田です。

 

先日顔面レントゲン写真を撮ってきました。

どういう風に撮るのかなーと思っていたら、普通のレントゲン台に

顔の部分に布を敷いて、うつ伏せに寝るのです。

「もう少し下へずれて下さい。」とかわいい女性レントゲン師さんに

言われて、もがく姿は、まるで水面の蛙がバックしようと

じたばたしている姿だったと思われます。

もっとハイテクなレントゲン機を想像していたので、意外でした。。。

 

ちょっとぷるぷるしながらの撮影だったので、うまく撮れているか心配だったの

ですが、レントゲン写真を見た先生は、「やーキレイですねー上顎洞(じょうがくどう)!

うんキレイだ。うんうん。」

とやたら感心していました。その視線の先には骸骨写真。。。お医者さんって

感覚がフツーじゃないかも、と思った瞬間でした。

 

そういえば以前、胸のレントゲンを撮った時に、「あなたは内臓が長いですねー。

心臓も肺も胃も、みんな細長いやー。」と言われました。(のっぽ体型は長くなるのか?)

 

私は職業病で、誰もいない建物内部を見ても、そこに工事工程を見る癖があります。

そこでは、構造体→設備→仕上げ、と職人さん達が働いている姿を感じるので、

冷たい空間も職人さんの暖かい手と笑顔で、ぬくもりを感じられるのです。

 

もしかしたらお医者さまも、人間を見ても内臓や骨を見ているのかもー!?と思いました。

 

恐るべし!

 

b0710_pan.jpg神戸屋キッチンさんのかぼちゃパイ!実物は写真よりかわいくって、とってもおいしかったです(^^♪

ページトップへ