設計スタッフの徒然話

電気のはなし

CS課五十嵐です。今回も電気に関する話をちょっとだけ書かせていただきます。

白熱球を創ったエジソンがつぎに考えたこと、このランプで街中を明るく照らしたい、

そして人々の生活が大きく変わるだろうと。

ちょうどその頃万博の開催がちかずいていたのでお披露目したいと、大量に生産した、

それと同時にウェスチングハウス社も競争していた。

ついに万博は輝かしく白熱球を着飾った。

ひとびとは感激し、新しい時代が来ることを確信した。

しかし、大きな問題がひとつ、そうどうやって電気を遠くまで送るかと。巨大な発電機をつくったが、距離とともに電圧が落ちて使えない。

エジソンは最後まで直流方式をとったが、交流方式をすすめていたウェスチング社が、その効率の良さえでエジソンの方式を凌駕した。

そして人々の生活が変化して今日がある。

しかし、その電力を創る方法はいくつかある。主に火力、水力、原子力。原子力については核分裂と核融合方式。

しかし後者はまだ研究段階である。

地球に優しい電気を供給してくれる方法はいったい何なのか?ゆっくり考えたいとおもっている。

ページトップへ