設計スタッフの徒然話

今週は、本の話です。

CS課国舛です。

最近、浜田山で晩御飯を食べた後、書店によってイイ本はないかな??と探していたら、

三島由紀夫という名前が目に留まりました。

三島由紀夫が起こした事件などは知っていましたが書いた本は読んだことはなかったので、

ここは一つ読んでみるのもいいかと思い買ってみました。

『金閣寺』

この本は、人間の負の部分を感じさせながら美しい情景を見せているアンバランスな感じがうまく出ていました。

また、言葉(漢字)で考えさせる使い方も面白さの一つなのかもしれません。

小説を読むのは久しぶりだったのですがストーリーとは別に言葉の使い方なども面白い本でした。

ページトップへ