設計スタッフの徒然話

久々の野鳥話

こんにちは、快適なエアコン生活を満喫している設計企画課の橘田です。

今日は久々の野鳥の話です

今週の月曜日、いつものように通勤道の緑地を自転車でこいでいると。。。

何だあれは白い小型の鶴のような鳥がいるではないですか自転車を停めじっと観察していると、悠然と浅い川を歩いています。

くちばしが黒く、足も黒。でも足指は黄色

週明けから貴重な物を見てしまったかもと終業を待ってそそくさと帰宅して、ワクワクしながら野鳥図鑑を見ると。。。

これだっコサギ

 

1

全ての特徴が一致して白鷺の一種だということが判明しました。
60cmくらいはあるような野鳥が、こんな住宅街にも飛来しているのですね。不思議です

ついでにずーっと分からなくて、気になっていた野鳥の名前も分かりました。
毎朝とてもキレイな声で『ツツピー、ツツピー』と鳴いていた鳥です。

多分これ。
2
『シジュウカラ』です。中々姿を確認できなかったのですが、会社のそばで鳴いている姿を見て、間違いないと確信しました。本当にキレイな声なんですよ。
Happyになれる声です。

も一つついでに、2週間ほど前に生まれたと思われる、カルガモの5羽の子供達
ただ今善福寺川を散策されると、出会える機会がありますので、探してみてください。少し大きくなりました。かわいいですよ

 

3(コサギ!というと何故か弥七!を思い浮かべてしまう私でした。)

※画像はお借りしました。

ページトップへ