設計スタッフの徒然話

冬至

こんにちは、CS課山下です

今年も残りわずかですね

今日は「冬至」です

管理課の丸山さんから、冬至は「かぼちゃと小豆を一緒に煮た物を食べる」、「ゆず湯に入る」ものだと教えて頂きました。
(恥ずかしいことに知りませんでした)

何故、冬至にゆず湯なのかと言うと・・・
冬至 ゆず
湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけ、「柚」は「融通(ゆうずう)がききますように」という
願いを込められているのだそうです。

5月5日に「菖蒲湯」に入るのと、同じ願かけなのでしょうか

かぼちゃは・・・
冬至 かぼちゃ

野菜の保存があまりできなかった昔は、保存がきき、
保存中に栄養素が失われないかぼちゃが冬至の時期の貴重な栄養源だったそうです

風習を知ると、昔の日本が見えてきて楽しいですね

ページトップへ