設計スタッフの徒然話

東山魁夷館

こんにちは、設計企画課の橘田です。

気が付くともう11月。年賀状売り出しやクリスマス商品が目に付くようになり、
せわしい12月が近づいて来るのを感じます。

忙しくなると思うと現実逃避したくなるもの。どこかしずかーな場所へ1人で行きたいものです。
今だったら久しぶりに信州長野の信濃美術館へ行きたいですね。

信濃美術館は、「牛に引かれて善光寺参り」「一生に一度は善光寺参り」で有名な信州善光寺のお隣、城山公園内にあります。
http://www.zenkoji.jp/
http://www.npsam.com/

この信濃美術館の中に、私の好きな画家の一人である、東山魁夷さんが寄贈された作品が別館(東山魁夷館)へ展示されているのです。

東山さんの作品を一言でいうと、『静寂』ではないでしょうか。
ピンと張り詰めた澄んだ空気の中にある『静』と、やさしさを感じる『ぬくもり』。
『動』である作品の中にも、この2つを私は感じます。
(特に好きな作品は、“緑響く” “行く秋” “花明り” “静唱” “夕静寂”などなど。機会がありましたら是非ご覧になってください。)

私はお礼状を出す時には、季節に合わせて東山さんの作品か、いわさきちひろさんの作品の絵葉書を使います。
展覧会等で東山さんの絵葉書が発売されていると、買いだめしてくるのですが、
最近手持ちが少なくなってきたので、そろそろ長野に行かなくてはと思います。

もちろん今の時代、インターネットで手に入るのですが。。。結局行きたいんですよね。
この東山魁夷館は、建築物としても私のお気に入りです。
なにがお気に入りって、ロビーから見る池の水面はため息がでます。
静かな作品を見て、ガラス越しにこの水面に対面すると、
自分も東山さんの作品の一部になったような気がします。身体が浄化されていくような感覚です。

http://www.link-lines.com/business/archi/Nagano/Higasiyama.htm

この水面がいいんです魁夷善光寺

身体が浄化されるついでに(?)善光寺参りもしてきましょう。
お勧めは、午前中に善光寺へ行き、お参りをした後
地下の回廊を巡る『お戒壇めぐり』(注)を経験し、
明るい世界へ戻ってきたら信州蕎麦を食べ、美術館へと向かいます。
信濃美術館を一巡りした後で東山魁夷館へ行き、
『静寂』へ触れた後は館内喫茶のCafeKaiiで一休み。
窓越しの池と庇に反射する水の光で時を忘れ読書など。。。
時間があれば城山公園内散策や、お子さんがいらっしゃったら敷地内の動物園へ行かれるのもいいでしょう。桜も有名だそうです。

書いている内にどうしても行きたくなってきました。
かといって休みの合わない主人を置いてでは、『静寂』を堪能できない。
誰か城山公園で子供と遊んでくれて、私に『一人っきりの時間』をプレゼントしてくれる人、どこかにいないかなぁ。

(注)『お戒壇めぐり』・・・瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を手さぐりでめぐり、
本尊の下にある極楽の錠前にふれ、本尊と縁を結ぶというものです。
お戒壇めぐりは、死の疑似体験と光のありがたさを知るといわれています

東山魁夷『行く秋』         いわさきちひろ『雪のなかを走る子ども』
絵2      絵1

ページトップへ