設計スタッフの徒然話

紅葉

CS課の五十嵐です。紅葉見に行ってきました。

今年こそ最盛期を逃すまいと当日まで目的地決まらず、天気予報睨めっこ。
いつものことではありますが、旬の時期に旬のものを求めるがために、
予定を立てずに旅行するのが癖になってしまい、
運まかせ。もちろん当りばかりではありませんが、ほとんどはずれることもありません。

もう10日前の話になってしまいますが(旬じゃないね)、栃木の瀬戸合峡、
ここは一昨年お施主様におしえていただいた紅葉の名所。

バッチリ紅葉真っ盛りで、ダムの水に映る山の姿とともにまさに絶景。
その後日光いろは坂を登り、中禅寺湖、奥日光へ。

昨年は男体山が見頃で明智平からロープウェイに乗り、
中禅寺湖と華厳の滝を抱えるように色づく木々の男体山をながめたのですが、

今回は男体山の中腹から上は落葉、逆にいろは坂が紅葉真っ盛り。
中禅寺湖もまたしかり。自然が織成す協奏曲とでもいうべきか、すばらしいの一言。

夕食は栃木和牛のステーキを堪能。

日本には森林の面積(割合)はどのくらいだと思いますか。
世界的にも数多い山があり、それを引き立たせるように、四季があり、きれいな水がある、
そんな自然の恵みに慣れっこになって、当然のように自然を浪費し、
育てることなんて考えてない人がほとんどであろう。
”エコ”がいい、環境にやさしいのがいい、とかいってる人たちも。

先週、CS課全員東北地方へ林業と製材などについて勉強に行ってきました。
森を守ることに本気で携わっている方々の心意気、しっかり伝わりました。
自然の恵みを育てる側、それを享受する側。

バランスを保てますようにどうか多くの人々のこころに届きますように。

ページトップへ