設計スタッフの徒然話

ロボットスーツ

CS課の五十嵐です。

電車で移動日経新聞をめくってると’ロボットスーツ量産’との見出しに目が留まった。
鉄腕アトム、エスパー、マグマ大使、ウルトラマン、キカイダーなど一瞬のうちに連想がはたらく。

しかし、それは少年時代のテレビの中のヒーロー。いま大人になって考えると、
人間がキャラクタースーツを身にまとって動き回っていただけで、そのスーツ自体何の機能もないことは明白。

しかし、このロボットスーツにはセンサーによる歩行支援の機能があるらしい。

科学と技術の進歩により、ひとむかし前には想像もつかないことが現実味を帯びてくる。
今回は歩行支援用だが、もしかしたらエスパーやアトムのように空を飛ぶことさえ可能になるのか?
幼少期にほとんどの人が、‘空を飛べたらな’なんて考えたにちがいない。

「・・・たらな」が現実味を帯びてくる今こそ真剣に考えなければいけないと思う。

人が人であるためにも。 人間が人間以上になれるとしたら、それによって失うものの大きさを考えよ。
人間として守るべきことはたくさんあるにちがいない。

ウィルス、遺伝子、核など最先端の研究が進んでいる。
しかし適切に応用するための正しいルール作りのほうが大切である。

住宅づくりも同じである。 

本当に良い住宅をつくるには、信念と誠実な心があってこそ、住まうひとのための機能的な家ができるのである。

ページトップへ