設計スタッフの徒然話

今日は何の日?

こんにちは。CS課の高田です。

今日は歴史の話をします。
今日が何の日かわかりますか?

75年前の今日、9月18日に満州事変が勃発しました。
そしてこの日から昭和20年8月15日まで、長く苦しい15年戦争が続くのです。

当時、世界大恐慌による深刻な不景気を打開しようとした軍部は
満州(中国東北部)を植民地化しようとしました。

そして関東軍(満州駐留日本軍)の謀略により奉天郊外で鉄道を爆破、
これを中国軍の仕業だとして強引に戦闘状態に入りました。

中国軍25万人に対して、関東軍わずか1万人という戦力差でしたが
関東軍はこれを撃破、5ヶ月という短期間で満州全域を占領してしまいました。

これが満州事変の簡単な成り行きですが、その後日本は満州国を独立させ、
これが世界中の非難を浴び、国際連盟を脱退。そしてあの忌まわしい

太平洋戦争へ続いていくのです。今日9月18日という日は、日本にとって
歴史のターニングポイントとなる一日でした。

最近、近隣某国でも似たように国際的非難を浴びている国がありますが、
昔の日本の様に世界を相手に戦争など起こしてほしくないものです。

ページトップへ