設計スタッフの徒然話

フィリップ・スタルクとの出会い

CS課の五十嵐です。
先日のブログを見て、学生時代を思い出しました。

確か、日経アーキテクチャーにスタルクのインテリアデザイン・・・ホテル・ロイヤルトンと
もうひとつ、うーんっと、思い出せないけど。NYのホテルの改装で話題となり、
その後日本であの”空飛ぶウンコ”で日本でも有名になり、
家具の他に台所用品やコンビニで扱うアクセサリーまでも、・・・。

非日常的なデザインの世界をいとも簡単に大衆生活になじませてくれた数少ないデザイナーです。
寂びれかけていた下町”浅草”をみごとに復活させたことでも東京に多大な貢献された方です。

学生時代に見て回ったNY、パリ、ミラノ、フィレンツエ、ローマ、べネチア・・・、記憶が甦ってきます。

近いうちに、浅草に行こうかと思います、あの頃の自分にも少しですけどタイムトラベルなんてね。
皆さんもこの秋にタイムトリップしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ