設計スタッフの徒然話

徒然話~映画編~

こんにちは、設計企画課の橘田です。

5年後にはデジタル放送になる!ということで、この度引越しを機にケーブルTVにしました。
ほとんどTVをゆっくり見る時間がないので、無駄かしら~と思っていたのですが、
子供の集中を他に向かわせたい時や、なんと言っても映画が見られるのが嬉しいです。

以前会社の人に薦められ、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』をレンタル屋さんに借りに行きました。
が、次回作が開演間近ということもあり、全て貸し出し中いつかまた借りに行くしかないと思っていたら、なんとケーブルTVでやるではないですか

大喜びで録画の準備をして、子供を寝かしつけ、ビール片手に再生!。。。。真っ暗???
そうです、初録画は失敗しました次の放送までの1時間半、ケーブルTVとビデオデッキのマニュアルとリモコンを両手に、
色々と試みてみると、やっと録画OKとなりました。でも結局放送時間がきたので、
そのままTVを見ることにしました。未だ疑問は、何故吹き替えだったのか?ということです。(まだまだ使いこなせていません。。。)

映画の内容は娯楽映画として、素直におもしろい作品でした。特にジョニー・デップの丹精な顔立ちと、
コメディ的なギャップがおもしろかったですね。
東京ディズニーランドでの『カリブの海賊』は大好きなアトラクションの1つですので、
映画のところどころに現れるシーンを見つけるのも楽しかったです

ジョニー・デップ演じる海賊「ジャック・スパロウ」の、飄々とした姿は本当に船長?と思わなくもないのですが、
ジョニーはローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズの大ファンということですので、
きっと彼にとって「ジャック・スパロウ」はキースのイメージだったのでは?と思っています。

名画座に通うのが好きだった私にとって、ケーブルTVを活用しないわけにはいかない!と、
毎日、録画できる映画はないかと番組表のcheckを欠かしません。もちろん本当は、映画館で見たいんですけどね。

かつて名画座で見て、今再度見たい映画が2本あります。どこのレンタル屋さんに行っても見つからなかったマイナーな映画です。
タイトルは、『記憶の扉』と『オルランド』。さてケーブルTVで上演してくれるでしょうか?j:comさんお願いします!

ページトップへ