設計スタッフの徒然話

梅雨明けしましたね。

こんにちは。設計企画課の橘田です。
いつの間にか梅雨明けとなっていましたね。夏本番、と思いきやここ2日ばかりは曇り空です。

先日無事引越しが終わり、天気が良いのでうちの子と親戚の子をベランダで水遊びをさせました。

水遊び
私も飛び込みたい衝動に駆られながら、横でそうめんをすすっていました。

最初は冷たくて嫌そうな顔をしていた子も、次第に慣れてきたのか
大喜びで水の掛け合いをしていました。
何故子供達は水遊びが大好きなんでしょうかね?
うちの子は真冬でも、鼻水を垂らしながら水遊びをしています。
お願いだから母に掛けるのは止めて欲しいものです。

痛ましい水の事故などが報道されると、胸が痛むと共に背筋が寒くなります。
果たして自分の子供を守れるのか?と。

私が小学校4年生頃の時、家族で海に行きました。
浮き輪をつけて波に乗っかって流されるのを楽しんでいると、突然重さを感じ海の中へ。。。
浮き輪で身体は上がろうとするのですが、何かが私の上に乗っていて、上がれません。
もがいてもがいて、やっと解放された私の視野に入ってきたものは、
見知らぬ家族が3人ほど乗ったゴムボートでした。助かったー重いわけだよ
あの時の恐怖は忘れません。

子供達が安心して水遊びをできるように、大人は十分過ぎるほど気をつけなくてはなりませんね。

ページトップへ