ニュース

8月15日

こんにちは、CS課の山下です。

15日は終戦記念日で新聞もテレビも戦争で一色でしたね

日本人が戦争で思い浮かべるのは「広島・長崎の原爆投下」という方が多いと思います。
実際私もそうです。
先日、第二次世界大戦で日本人が中国に埋めてきた毒ガスの被害にあい
普通の生活が出来なくなった中国の方の特集が放送されていました

その放送を見て終戦はしているが「戦争は終わってないのだ」と感じました。

どの国も自分たちの受けた被害ばかり騒ぎます。恥ずかしい事に日本もそうですね・・・
被害を受けた事も事実で伝えていかなければならない事ですが、
日本がした事もそのせいで今も苦しんでいる方がいる事もきちんと伝えていかなくてはと感じます 

でも国も人種も亡くなった方、生き延びた方、関係なく戦争に関わってしまった人は
全員被害者だと思います・・・。誰ひとりやりたくてやった人なんていないはずですから・・・

戦争を知らない私たちが戦争の恐ろしさを伝えて行かなくてはならない日がくるのですね

ページトップへ