設計スタッフの徒然話

諏訪の花火大会

こんにちは。CS課の小木曽です。

いよいよ甲子園も大詰めですね
今年は早稲田実業が決勝進出で、期待大です
でも甲子園が終わると、夏も終わりだなーと寂しくなりますね…。

今回は、ブログ開始当初に登場した五十嵐さんが
久しぶりの登場です

================================

こんにちは。CS課の五十嵐です。
昨年の長岡に続き、今年も行ってきました
夏の風物詩”花火大会”です。
今年は長野県、諏訪湖の湖上花火大会に行ってきました。

諏訪湖の花火大会は、50万人が集まるとあって、
屋台の数も半端ではありません

さて、花火はというと、花の一生を描くように発芽し、花が咲き、
そして散る姿が本当にうまく表現されていました。
今回は特に、花が散る姿が素晴らしく、観客を魅了していました。

後半、宇宙戦艦ヤマトの音楽に乗ったスターマインでは、
とめどなく爆音が響き、胸に波動を感じ、まるで大地が
揺れているのではないかと勘違いするほどの迫力がありました。
最後は湖上花火とナイアガラで締めくくりでした。

諏訪花火1諏訪花火2

諏訪湖の花火大会は、3尺玉を筆頭に4万発が2時間にわたり
打ち上げられるという、大迫力の花火大会です。
花火師の思い、あるいは”日本3大花火大会”のプライドをかけた
住人の気迫が込められているからだろうか…などと勝手に思い込みました。

今回は、前日に蓼科に宿泊し、青柳駅に車を止めて
昼前に上諏訪駅に到着。運良くホテルのテラス席のチケットが
購入できたので、ゆっくり花火を満喫できました

東京から中央高速で約2時間ですから、来年はぜひ行ってみて下さい

ページトップへ