設計スタッフの徒然話

お犬さま

こんにちは。設計企画課の橘田です。

私には20年前から、(いやそれ以上かもしれません)
ずっと疑問に思っていることがあります。

それはについてです!

疑問その1.犬は、”食肉目イヌ科”で分類されている、いわゆる「イヌ」同士を
     同じ「イヌ仲間」として認識しているのだろうか?

     私達「人間」はいろいろな人種がいるといえども、それほど
     容姿に大きな違いは無いので、同じ「人間」だなぁと理解がし合えますよね。
     でも!「イヌ」の容姿の多様性といったら

     まずは大きさ。500gぐらいの小型犬から、100kg近い大型犬までと
     その差200倍!耳の長いのから短いの、しっぽの長いの短いの、
     脚の長いの、短いの。毛の長さ、色、模様と多種多様
     あぁイヌって奥深い。。。

疑問その2.国内で育った犬と海外で育った犬では、言葉は通じるのだろうか?

     人間のように、日本語・外国語・方言のような違いがあって、
     通じ合えない場面などもありえるのかしら???

過去に何人かの友人・知人に聞いてみたことがありますが、誰もわからず
というよりも、こんなくだらないことをまっとうに相手をしてくれるわけもないか。。。
と、再び疑問を心に持ち続ける私でした。
その筋のご研究者さま。もしご存知でしたら、ご一報下さいませ
よろしくお願いいたします。

ページトップへ