設計スタッフの徒然話

インターネットとテレビの契約

これまで賃貸マンションなどで暮らしている方にはあまり馴染みのない問題かもしれませんが、戸建に住みはじめることになると検討しなければならない事。

テレビはどうやって見るか?インターネットの契約はどうするか? などの検討が必要です。

そもそもTVを見る為に3つの選択肢。
①アンテナを設置する
②ケーブルテレビに加入
③光回線で契約

それぞれメリット・デメリットを簡単に説明したいと思います。

_________________________________

①アンテナを設置する

最大のメリットはコスト 初期費用としてアンテナ設置のコストはかかりますが、月額利用料があるわけではないので、長い目で見ると一番安く上がります。また、地上波デジタル以外にBSやCSを見たければ、別途対応のアンテナを設置することになります。

デメリットとして考えられるのは                                       外観の見栄えとしてアンテナが目障りになることもある(方角や屋根形状によります)。

台風など天候が悪い時に電波受信状況が悪くなることがある。

アンテナ破損時などは自己負担(火災保険が適用されるケースもあります)

東京MXテレビなどのローカル放送の受信が難しいことがある。

デメリットではないですが、インターネットや電話回線などと一本化は出来ないので別途検討する必要があります。

_________________________________

②ケーブルテレビに加入

アイコーホームの施工エリアでは

ジェイコム(http://www.jcom.co.jp/)または、イッツコム(http://www.itscom.net/)のエリアになっていることが多いです。

メリットは、多彩な専門チャンネルがある事。BS/CS以外にも、映画・スポーツ・アニメ・海外番組などの専門チャンネルがあります。また有線で引き込む為に、アンテナのように天候で見れなくなるということがありません。外観上もアンテナが無くて済みます。

デメリットとしては、ランニングコストとして月額利用料などがずっと続くこと。機械設置などが必要なケースが多くTV周辺機器が増えてしまう。などです。

_________________________________

③光回線で契約
この場合、インターネットの契約ありきでテレビも追加するイメージになります。光回線のテレビで代表的なのが下の二つです。
・フレッツ・テレビ(https://flets.com/ftv/
・ひかりテレビ(https://www.hikaritv.net/

メリットとしてはケーブルテレビと同じような事が言えます。また、契約する先によっても異なりますが、インターネットの通信速度がケーブルテレビより早い為、ケーブルテレビ会社でTVとインターネットまとめて契約というケースに比べてインターネット環境が快適です。

デメリットとしては、インターネット使わないお宅(現代ではあまり無いケースかもしれませんが・・・)では、不向きなやりかたです。また、月額利用料などのランニングコストはかかります。

このケースでの代表的な例をあげるならば、
例1)インターネット:フレッツ光 のセットでTV契約 https://flets.com/bb/hikaritv/s_fee.html
例2)インターネット:ドコモ光など のセットでTV契約 https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/
例3)インターネット:NURO光 テレビセット契約無いので別途「フレッツ・テレビ」契約
NURO光 https://www.nuro.jp/hikari/ + フレッツ・テレビhttps://flets.com/ftv/

上記の3つの例は、それぞれインターネットの契約により異なっています。

例1は、元祖ともいえるNTTのフレッツ光
例2は、光コラボ式(フレッツ光が販売をプロバイダ会社に任せたタイプで、近年増えました。)
ドコモ光の他にも、ソフトバンク光や、ソネット光などなど多数
例3は、単独回線の会社で「NURO光」「auひかり」が有名何処。都心部ならほぼエリアカバー済。単独回線の為通信速度が速いのが特徴。
「NURO光」https://www.nuro.jp/hikari/

_________________________________

とても簡単にまとめますと。。。

「多チャンネルなんて見ない。ランニングコストかからない方がいい!ネットはやるから必要!」そんな方には 単独回線の「NURO光」+「TVアンテナ設置」などがおすすめ。

「テレビチャンネルの充実も必要。ネットの通信速度も大事!」そんな方には 光回線の例にあげた 例1)インターネット:フレッツ光 のセットでTV契約 https://flets.com/bb/hikaritv/s_fee.html または、例2の光コラボ式(スマホなどの契約会社で検討するのも良い)を検討

色々検討するともっと多方面になりますが、シンプルにこんな感じで決定するケースが多いです。

ページトップへ