設計スタッフの徒然話

ワッフルの家

こんにちは、CS課の小木曽です。

ついに9月になりましたね。ここのところ、
日が沈むのがぐっと早くなったように感じます

話は変わりますが、先日お休みの日に、ケーブルTVでやっていた
「50回目のファーストキス」という映画を見ました。

DVDジャケ

事故に遭って以来、前日のことを全て忘れてしまう
短期記憶障害を持った女性に一目ぼれした獣医が、
アタックし、仲良くなるも、次の日には忘れられてしまい、
毎日のように初対面からアタックして…という話。
障害を持った主人公が…なんて深刻なものではなくて、
明るいコメディーです

毎日毎日、あの手この手を使ってアタックする様は爆笑もので、
主人公を取り巻く人たちも優しく温か、そしてちょっと変。
舞台もハワイとあって、おだやかで楽しげな空気が流れます。

主人公の女性はドリュー・バリモアで、毎朝カフェでワッフルの家
(ワッフルをナイフで切って組み立てて作る家)を作っているのですが、
おいしそうで、作っている姿がかわいくて、素敵でした

休日にぴったりの映画でした。オススメです

ページトップへ