設計スタッフの徒然話

焼き芋大会

こんにちは、設計企画課の橘田です。

先週末に前の保育園で一緒だった仲間と、焼き芋大会をしました
場所は代々木公園と道路を隔てた所にある、『はるのおがわプレーパーク』という所です。

このプレーパークとは、一般的な遊具など無く、木や土、水や火を使って
自由に物を作ったりドロだらけになって遊べる遊び場です。

毎年この仲間で、代々木の『はるのおがわプレーパーク』か
羽根木の『羽根木プレーパーク』で、焼き芋大会かバーベキュー大会を催しているのです。

http://www.428.info/index.asp?patten_cd=2&page_no=370

http://www.playpark.jp/pp_hanegi.shtml

子供達も大きくなったので、今年はマッチで火を点けることに挑戦した子もいます。
レンガを積んでカマドを作り、小枝を集めて新聞紙で火起こしをします。
もちろん子供達が主体です。葉っぱは煙が多く出てご近所迷惑なのでNGです

お芋は濡れ新聞紙で包んで、それからアルミホイルに包み火の中へ入れます。
(この濡れ新聞がほどよくお芋を蒸してくれます。)
新聞紙に包まないでアルミホイルだけですと、お芋は真っ黒になってしまいます。

焼き網の上には、ママさん達が作ってきてくれたトン汁とパンを乗せ暖めます。
できたての焼き芋はホクホクと湯気を出し、大人も子供も、
そばにいる知らない子達にも振舞って、みーんな幸せ顔になりました

その後それぞれお弁当を持って来ているので、トン汁と共にわいわいとお昼ご飯。
食後はカマドを囲んでこれまた手作りデザートとフルーツを切って満腹です。

子供達はドロだらけになり、工作教室も楽しみ、親は四方山話に花を咲かせつかの間の休息日が過ぎました。
次回は5月にバーベキューです。一回り大きくなった子供達と、
新顔の赤ちゃんを迎え、笑顔の仲間に会えるのが今から楽しみです。

注:プレーパークは子供主体の場ですので、大人だけの集まり、
子供より大人の人数の割合が多い団体さんの集まりはできません。

ページトップへ