ちょっと・・ひとり言

VR(バーチャルリアリティ)の住宅展示場


 

いよいよ、本年も残すところ2ヶ月となった先日、ある説明会に参加してきました。

内容は、住宅展示場をVR(バーチャルリアリティ)という仮想現実の場所に展開するというお話しでした。

住宅展示場は杉並区では浜田山にもありますが、何社も集まって同時に見学できる総合住宅展示場と、

企業が1棟のモデルハウスを単独で構える展示場の2種類があります。

単独展示場はいずれ販売することもあり一定期間だけ見学できるという場合もあります。

どの展示場も土日などにはイベントが開催されたりするので、

これから家を建てようとする時に一度は見学してみようと思われる方も多いのではないでしょうか?

住宅展示場は出店にそれなりのコストが掛かるため、比較的大きな企業さんが多く、ほとんどは量産ハウスメーカーなどが出店されています。

私も過去に何ヶ所か見学させてもらいましたが、

各企業のコンセプトや建物の特徴が展示の中でわかり易く説明されていたり、現物でも確認できるので大変参考になりました。

まあ…ある意味洗脳されてきたって感じでもありますが(^-^;

しかし反面、自分達にとってリアルかといえば・・・

ちょっと自分には手の届きそうもないそれこそ夢のような住宅でもあったりもするわけで、

見学してみたものの・・・さらに地域の建築会社や工務店を探され始める方も多いのが現状です。

やはりもっと現実的なモデルを沢山見学できるような展示場があったら良いなというのが本当の感想です。

もし地域の建築会社や工務店さんでも出店できるような展示場があったらもっと広く知っていただくこともできるし、

これから注文住宅を新築したいと思われている方々にとっても選択肢がたくさん増えるのではないでしょうか。

バーチャルリアリティといえば仮想現実ですから言ってしまえば本物ではありませんが、

現在は若い方々を中心にゲームなどの活用にも勢いがあり、一般的に受け入れられてきているように感じます。

住宅の中を実際と同じように部屋から部屋へ移動することができ、360度見渡すこともできます。

質感もかなり本物に近くなってきておりリアルに見学しているかのように見応えがあるようです。

自宅にいながらご家族でモデルハウスを見学できるという大きなメリットに今後の可能性を感じることができました。

さらにいえば実際の住宅展示場を訪問すると当然ですが営業スタッフから声をかけられ、質問攻めにあったりすることもありますが、

バーチャルであればその辺も敷居が低くなりそうです♪

いずれにしてもそのように新しい技術を活用して、今までとは違った情報収集ができる日が既に目の前に来ているのですね♪

聞くところによると来年3月頃のオープンを目指しているとのことでした。

ご興味のある方は一度足を・・・?じゃなく、サイトを見学してみたらいかがでしょうか。

因みに私共では展示場を持つようなことはできませんので、全てリアルな完成した住まいの見学会を随時開催させていただいています。

等身大のモデルが見たいなど、もしご興味のある方はご一報いただければ、御案内状を郵送させていただきますので

お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ