ニュース

野鳥

こんにちは、設計企画課の橘田です。

田舎の無い私は、野鳥を見る機会が今まで少なかったのですが、
昨年引っ越した我が家の近くには川沿いに緑地が続いていて、多くの野鳥に出会う機会が増えました。

ハト、スズメ、カラスはもとより、ヒヨドリ、ムクドリ、カルガモ、メジロ、オナガ、ハクセキレイ(多分。。。)などなど。

まだまだ多くの種類がいるようなのですが、すばやい動作&木々に囲まれ判別ができません
鳥類図鑑が欲しいと大人になって初めて思ったので、都会に出たら大きい書店に行って買うのが今のささやかな希望です。

先日も、ハトがまるで日光浴をするかのように、ほどよく点在する緑地内の小さな岡をつっきり、
歩いていると、何やらコツコツと音がするではないですか。

ふと木を見上げると。。。

キツツキだー

うっそー、ここは23区。山の中でも森の中でも無いよ。
でも『コツコツ』って、くちばしで木をつっついている鳥といったら、キ・ツ・ツ・キに違いない

逃げないように、小さな声で一緒にいた子供にも教えてあげると、「ほんとだ~」と感激(多分)していました。
私達に気づいたのか少しずつ木肌をぴょんぴょんと跳ねながら上へ昇って行って見えなくなってしまいました。

帰宅後ネット検索してみたところ、『コゲラ』という種類ではないかと思っています。
逆光でよくは見えなかったんですけどね

また会えるといいなと幸せな気分になりました

ページトップへ