家を傷めない断熱工事

家を傷めない断熱工事

断熱性能は高断熱の長期優良住宅やゼロエネルギー住宅に対応します。

高い断熱の家は省エネの暮らしを支え、快適に生活をするのになくてはならないものになっています。しかし、その快適を求める断熱の施工方法や断熱材の選択を間違えてしまうと、家の寿命を短くしてしまうという事はあまり知られていません。材料の選び方や施工方法が、家を支える構造に優しい断熱になっているかをアイコーホームは追究してきました。

柱が呼吸できる仕組みで家が長持ち。

日本の家づくりの変遷を振り返ってみると、蒸し暑い夏をどう涼しく暮らすかを中心に家づくりが行われてきました。縁側であったり、日差しを遮る深い軒先を設けたりと、先人の知恵は素晴らしいものがあります。ただ家の構造が開放的であった分、冬の寒さには無防備で、寒さにじっと耐えるのが冬の姿でした。蒸し暑い夏が冷房技術の発展に伴って、最優先の課題で無くなった現代は、一年を通して心地よい暮らしができるかを追究する家づくりに変わりました。

快適に住まうことを追究しているうちに、構造材は過酷な状況に追いやられています。 最近行われている多くの断熱工事では、数値でみた断熱性能だけで良し悪しを判断してしまう傾向があって、構造材を守るという視点が抜け落ちています。木が腐っていくということは家として致命的なことです。アイコーホームの施工する断熱工事は、構造材の木を守る工法を採りました。木の柱を大切にするクオリティのすぐれた断熱工法をアイコーホームはこれからも採用していきます。

ページトップへ