自立循環型住宅について 地球環境の為エネルギー消費50%を目指す

By

今、地球環境を守る為に、国も様々な取り組みを行っておりますが、そんな中で今注目されているのが、自立循環型住宅というものです。

自立循環型住宅とはエネルギー消費50%削減を目指し、ひとつひとつの手法は小さな対策ですが、数多くの住宅で講じられれば全体として削減率が着実に増えていくものとして期待されています。

快適な暮らし易い住まいを実現しつつ、省エネルギー効果のある設計手法や配慮事項が13要素技術の手法として紹介されています。

01:自然風の利用

02:昼光利用

03:太陽光発電

04:日射熱の利用

05:太陽熱給湯

06:断熱外皮計画

07:日射遮蔽手法

08:暖冷房設備計画

09:換気設備計画

10:給湯設備計画

11:照明設備計画

12:高効率家電機器の導入

13:水と生ゴミの処理と高効率利用

の以上13点です。

理解しにくいものもありますが、決して大きなコストが掛かるものばかりではありません。今後内容についてご紹介していきたいと思います。

コメントは受け付けていません。